ソースは俺的老婆

南方熊楠を目指していたのにアニリールセルカンになりつつあるペシミストでコミュニストでトーストマスターのTaとその老婆が上海のどこかで織り成す日常を描いたハートフルコメディ。

分かった事:女は暇になるとパンを焼きだす / Finding: women start to baking bread when they get some spare time

 女性にとって手作りパンは、自分や家族で食べるものであり、しかし適度に非日常的であることに意味があるのではないか。
 お菓子は非日常感を持つ一方で、誰かにあげたり食べてもらったりすることが容易すぎるためにその場面を考慮に入れる必要がでてくる。ご飯類や麺類を基本とした料理は堂々と自分で食べられるものの、それはもはや生活の一部であるから特別なものになり得ない。
 さらに、特別な道具や技術を必要としないというのもパンの特徴である。
 それらの理由から、パン焼きはフェミニンな余暇の過ごし方として最適と判断されるのだと考えられる。平日のスイーツが休日だと手作りパンに相当すると言えよう。

It may be meaningful for women that the handmade bread is baked for personal consumption however moderately uncommon.
If they cook candies or cakes, they pressured to consider the case in which they give those for someone even though those have some unreality. The dishes of rise or noodles can be eaten by themselves, but those never become special menu because those are a part of daily-life.
Furthermore, it is characteristic of bread that those don't require any special tool or technique.
For these reasons, baking bread might be taken as the best leisure activity for feminine. We can decide that The SWEETS on weekdays are correspond to the handmade bread on holiday. T