Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ソースは俺的老婆

南方熊楠を目指していたのにアニリールセルカンになりつつあるペシミストでコミュニストでトーストマスターのTaとその老婆が上海のどこかで織り成す日常を描いたハートフルコメディ。

Ate Chinese at the near feature city / 近未来都市上海で中華を食す

 宿の窓から見渡せば、大気汚染による霞の向こう側に高層ビルが立ち並ぶ。道を行くと、殆どの二輪車は電動バイクで、リヤカーの露天商が白色LEDで照らすのは海賊版のDVD。店では、地元の商店は言わずもがな、欧米系列のスーパーマーケットであっても店員はスマホでのゲームに勤しむ。AKIRAもしくはブレードランナーの舞台のような近未来都市は、2013年の上海にあった。ブレードランナー見たことないけど。
Viewing from the window of my hotel, skyscrapers line up over the air pollution. On the road, most of two wheels are electric motorcycle and there are pirated DVDs that a street vendor lights by white LED. Clerks are playing games on their smart phones needless to say at local stores but also at a European or American supermarket. There are the near feature city like the set of AKIRA or Blade Runner on Shanghai in 2013. Though I haven't watched Blade Runner.


 パンも安くて美味いのだが、やはり中華料理店である。最初の夜に行った店は大当たりであった。4皿、2人前で60元(約960円)だよ。
Bakery are cheap and delicious, after all, Chinese restaurant are so good. The restaurant I went to on the first evening was so excellent. 4 dishes for 2 people cost 60 RMB (c.a. 7.4 EUR).


 とにかく、無事に着きました。
In any case, I arrived safely. T