Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ソースは俺的老婆

南方熊楠を目指していたのにアニリールセルカンになりつつあるペシミストでコミュニストでトーストマスターのTaとその老婆が上海のどこかで織り成す日常を描いたハートフルコメディ。

Nuke plant and old story / 原発とむかしばなし

3 years have passed since the level 7 major nuclear accident, there are opinions which strongly endorse to restart atomic power plant also in Japan. There is a modern human sacrifice tale.
レベル7の最悪の原子力事故が起きてから3年が経つが、原発を再稼動に大いに賛成する意見も日本にはある。これは現代の人身御供譚である。

Nowadays, as we know the facts that accidents will occur; victims have not received enough compensations yet; radio-active matter has been leaking for more than 3 years, I think only people living near the nuke plant can support to restart. A policy with a huge gap between risk takers and profit gainer, as if it were an old story of sacrifice to dragon to keep their serene, is pre-modern too much.
事故は起きる、起きても被害者に十分な補償が行われない、放射性物質は3年経っても漏れ続ける、という事実が明らかになった今、原発の再稼動に賛成できるのは原発の近所に住んでいる人だけだ、というのが私の考えだ。リスクを負う人々と利益を得る人々との乖離が著しい政策というものは、山神に生贄を差し出して事なきを得ようとする昔話の如く、前近代的すぎる。

If a sacrifice tale were developed to an epic which everybody stand up to the dragon, then it would lead a happy end.
人身御供の物語は、皆で山神に立ち向かう怪物退治の冒険譚になってこそハッピーエンドに繋がる。