English entrirs [link] / 中文的 [链接]

中国では日本鬼子、日本に帰れば売国奴。南方熊楠を目指していたのにアニリールセルカンになりつつあるペシミストでコミュニストでトーストマスターのTaとその老婆が上海のどこかで織り成す日常を描いたハートフルコメディ。

5回目の中華式忘年会 / The annual dinner for the 5th time / 第五次参加年会

上海に転勤になってから早5年。毎年忘年会でなんか出し物やってる。ウケはいいので悪い気はしない。
…が違う!私はアジアでナンバーワン(東方不敗)のエンジニアとなるために大陸に渡ったのであってアジアでナンバーワンのエンターティナーになりに来た訳ではない!

と、いうことで、今年は一観客として楽しむことにした。会社で会う人会う人に「今年は何やるの?」って聞かれるが適当にはぐらかし続け、部長が熱視線を送ってきてもなおかわし続けた。

そして当日。

f:id:Ta_Howait:20180912213355j:plain
忘年会の会場

例年通り、午前は出社、昼過ぎにホテルで全社員集会そして宴会という流れ。

f:id:Ta_Howait:20181003144622j:plain
黒毛松坂肉(豚)の松茸きのこ添え / Not Matsuzaka beef but PORK with Matsutake AND mashroom??

今年は司会進行が中国語パート無しの全部英語だったので全部楽しめた。くじで決まったテーブルが役員テーブルの真後ろだったので、「社長の椅子まであと一歩」の気分を楽しみながら料理を楽しむ。うむ、美味い!メニューの表記は変だが。

例年通り、公式な忘年会は8時過ぎに終わり、これも例年通り、私は外国人メインの2次会に参戦。

f:id:Ta_Howait:20180915005142j:plain
2次会は老外街のバー / 2nd round at the foreignher street

さらに3次会へ!

f:id:Ta_Howait:20180915005148j:plain
副社長級たちも飲んでるところへ合流して3次会

一見はっちゃけてるおっさん3人だが、年収を合計したら軽く1億は超えてるであろう、実はエグゼクティブなおっさん3人である。

この日記は後日書いているのでこの日の投稿にしてあるが、3次会を抜けて帰ったのは結局25:30ごろであった。