English entrirs / 中文的

中国では日本鬼子、日本に帰れば売国奴。南方熊楠を目指していたのにアニリールセルカンになりつつあるペシミストでコミュニストでトーストマスターのTaとその老婆が上海のどこかで織り成す日常を描いたハートフルコメディ。

今週のブックマーク / My bookmarks this week

格闘ゲーム『北斗の拳』バグ研究者に聞く。バスケから都市伝説の解明まで、13年を経てここまで進化

経絡秘孔もこういう試行錯誤の末に見つかったのであろうし、北斗の拳の完全なゲーム化と言って良い。

2019/02/09 21:56

トルコ 中国に対しウイグル族拘束の収容所閉鎖を求める | NHKニュース

9日に亡くなったのはAbdurehim Heyit氏か。

2019/02/11 11:48

FACEBOOKからいきなりBANされた件|田口和裕|note

「本当は怖いfacebook」とか「facebookの辞め方」とかって本を出すチャンスじゃん。その怒りと悲しみと知識とを全部ぶつけるんだ!

2019/02/11 17:55

恭賀新年 / Happy Lunar New Year / 新年好

猪事顺利 万事胜意

太陰暦で新年になりました。中国では今年の干支は豚です*1

It's a New Year's Day in the Great China area.

f:id:Ta_Howait:20190208170046j:plain
いつの時代もどこの国でもスーファミはすぐに子供を虜にする

今年も俺的老婆の親戚の家で正月を過ごしている。ここに集まる親戚の子供らは毎年暇そうにしているので、今年はスーパーファミコンクラッシックを持って来てやった。案の定、世界のスーパーマリオブラザーズ*2はものの数分で彼らを魅了した。

*1:猪は野生の豚という扱いです。

*2:中国語では超級馬里奥兄弟。

太陰暦の大晦日 / The Year End of the Lunar calendar / 2018年除夕

f:id:Ta_Howait:20190208165543j:plain
手作り養命酒っぽいやつ(可燃性)

f:id:Ta_Howait:20190208165534j:plain
手作り甘酒

f:id:Ta_Howait:20190208173202p:plain
中国の紅白にあたる「春晩」の一場面。人の大きさと舞台(?)の大きさとを比べて欲しい。ラスボス幸子と憲一とのバトル5年分くらいある。

年越しの準備 / Preparation for New Year

明日はいよいよ除夕つまり日本で言うところの大晦日。俺的老婆の祖父母の家でも年越しの準備が進む。

f:id:Ta_Howait:20190206223605j:plain
フェルメール感ある

f:id:Ta_Howait:20190206223617j:plain
中華感と農村感と春節感がMAXに

夜、CCTV1つまり日本で言えばNHK総合に当たるチャンネルを眺めていたら、20時になって歌番組が始まった。だが何か普通じゃない。軍事訓練みたいな寸劇とか挟むし、司会も軍服を着用している。

さもありなん、その番組は中央軍委の「慰問駐京部隊老幹部 迎春文芸演出」だった。うーん、人民解放軍感ある。

春節を控えた中国の田舎町を散歩 / walking around country town in China before Chinese New Year

公園では昭和な感じの玩具を老人が売っている。

f:id:Ta_Howait:20190202222702j:plain
0.5 CNY crackers etc. are on sale / 一箱0.5元の癇癪玉とか売ってる

小雨の後、晴れ。やや暖かい。

f:id:Ta_Howait:20190202183513j:plain
Contrast between the top and the bottom / 上下のコントラストが良い感じ

一部界隈ではIT先進国などどもて囃されているが、そんな中国の街角の光景がこちら。

f:id:Ta_Howait:20190202224944j:plain
scaling a chicken / 鶏の重さを計ってる

Industrial 0.4と4.0とが併用されているというか、テクノロジーというレースの先頭を走ってる車と周回遅れの車とが並走しているというか…。

俺的老婆の祖父母の家

f:id:Ta_Howait:20190206222851j:plain
Hot potato / 竃(かまど)で焼いた焼き芋

俺的老婆は中学に入るまで祖父母の下で育った。中国では珍しいことではなく、今でもある*1

その祖父母の家は、第二次大戦時に旧日本軍も来なかった、2019年の今日ですらガスも水道も通っていない、もはやド田舎という言葉すら生温い、大自然とでも呼ぶべき農村にある。

俺的老婆は、初めて私を連れて来たり泊めたりするときには、シティーボーイの私が耐えられるか少し心配していたようだが、私はむしろキャンプ気分で毎度楽しんでいる。竃で焼いた芋うめぇ。

*1:そして社会問題にもなっているのだが、それはまた別の機会に書く。